ブログ
今週の事務所のお花を紹介致します。
2020年06月17日

〈使用花材〉

グロリオサ

ヒュウガ水木

ヒュウガミズキは近畿地方(石川県から兵庫県)の日本海側の限られた地域の岩場に自生している、受講1.2~2mの落葉低木です。

花は、葉が出るよりも早く3月下旬に2~3個の丸みのある黄白色の小花が花序になって、数多く下垂します。枝は細くたくさん分岐し、

半球状の整った樹形になります。

刈り込んで樹形を整えることが簡単にできるので、樹形づくりを楽しむことが出来ます。

本種に類似したものにも、イヨミズキなど地名を冠した名称のものがありますが、いずれも必ずしも原生地とは限りません。本種の

名称も別名のヒメミズキが訛ったとの説があり、日向(宮崎県)には自生していません。

フラワーデザイン FiL et FiL