今週の事務所のお花を紹介致します。

<使用花材>

・ススキ
・クリ
・雪柳紅葉
・コスモス イエローキャンパス
コスモスはメキシコ原産ですが、漢字では「秋桜」と書き、秋を代表する花として日本人に親しまれています。
今ではさまざまな色のコスモスの花を目にするようになりましたが、イエローガーデンが開発される以前は、コスモスの花の色は真紅、ピンク、白などに限られていました。
1957年(昭和32年)、玉川大学農学部育種学研究室の佐俣淑彦教授が紅系のコスモスの中に、突然変異で黄色く発色した株を発見し、その株をもとに20年以上にわたって交配実験を繰り返し行い、より黄色味を帯びた株の選抜に取り組み、1980年(昭和55年)頃から鮮やかな黄色い花の定着に成功しました。そして、1987年(昭和62年)に種苗法に基づいて世界初の黄色いコスモス「イエローガーデン」として登録がなされました。
その後、さらにはっきりとした黄色のコスモスが開発され、「イエローキャンパス」という品種名で多くの人の目を楽しませています。
「イエローキャンパス」は、咲き始めのときは白っぽく見えますが、気温がだんだん下がるにつれて黄色味が増すという特徴を持っています。

フラワーデザイン
FiL et FiL

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.