今週の事務所のお花を紹介致します。

<使用花材>

・ツル梅モドキ
・クジャク草

クジャクソウは草丈が高く、いくつも枝分かれした枝の先に咲かせる花の様子が孔雀の羽のように見えることから、孔雀草という名前で呼ばれるようになりました。原産は北アメリカで、園芸品種として戦後日本に渡来して来ました。英名はfrost aster、クジャクソウの花が咲いている様子がまるで星のようで、霜が降り始める秋の暮れ頃まで咲き続けていることから、霜を意味する英語のfrost、星を意味するギリシャ語のasterを組み合わせてこの英名となりました。

フラワーデザイン
FiL et FiL

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.